ホーム  >  購入のながれ

購入のながれ

1、計画を立てる
どのような物件が良いか?自己資金はどのくらいまで用意できるか?などから、購入に関して準備をしましょう。家族との話し合いを増やし、家族の意見をまとめていけば、探したい物件の目星がつくはずです。
2、物件情報を集める
毎週の土日に入ってくるチラシや情報誌を見たり、探しているエリアで開催している現地販売会などに参加し、沢山の情報を入手しましょう。最近ではインターネットから物件情報の閲覧もできますので、時間のない時でも、ご自宅で簡単に情報収集ができます。
※ポイント
永大ハウスには「埼玉りそな銀行」と提携しており、「永大ハウス特別金利優遇」がございます。店頭標準金利より、マイナス1.75%の通期優遇が受けられます。若さと向上心を胸に精一杯お客様のご要望にお答えできるよ努力致します。税金の事、法律の事、お気軽にご相談下さい。
4、物件を見る
探している物件があれば、すぐに物件を見にいきましょう。広告などを見ていて良いと思っても実際に物件を見に行くと良くなかったり、思っている以上に良かったり、実際に物件を見ないことには、その物件の良し悪しが分かりません。同行営業スタッフにその物件の良し悪しなどを確認していただきながら、ご希望にかなう物件を探していきましょう。
5、購入の申込み
自分の探している物件が見つかった場合はすぐに、購入申込の手続きをしましょう。物件は日々動いておりますので、考えている間になくなちゃった!なんて事も多くあります。そうならない為に、営業スタッフに住宅ローンの事や今後の手続きなどを相談して、最終的な結論を出していきましょう。

※犯罪収益移転防止法によりご本人様確認をさせていただきます。お手数ですが、身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポート etc)をご提示下さい。
6、重要事項説明
ご契約の前に、重要事項説明を不動産会社の宅地建物取引主任者から物件についてのご説明をさせていただきます。内容としては、物件に関する法的な制限や権利に関する説明などを聞いていただき、ご納得の上で購入するかどうかの最終決断をしていただきます。不動産専門用語や難しい言葉などがでてきますが、分かったフリで無視してしまうと後々のトラブルの原因にもなりますので、ご納得していただけるまで何度でも確認してください。問題がなければいよいよご契約 です。
7、ご契約
重要事項説明を受けていただき、ご納得の上でのご契約となります。内容としては重要事項説明とほぼ同じ内容ですが、難しい言葉で記載されておりますので、分かりやすくご説明できるよう営業スタッフと契約書の読み合わせをしていただきます。この時にも、分からない事や分かりにくい事があれば営業スタッフにご確認下さい。売主様と買主様の双方ご納得の上で契約成立となります。

※契約時に必要なもの 1.ご印鑑  2.手付金  3.収入印紙
8、住宅ローンの申込み
住宅ローンの申し込みは売買契約締結後、速やかに金融機関に申し込みをしなければいけません。審査に関して、住宅ローン金利や商品を営業スタッフと確認し、問題なければ必要書類をご用意いただき、申し込み手続きをしていただきます。金融機関は個人及び不動産業者の信用、物件の価値を審査した上で2週間から1ヶ月以内にローンの内定を出します。もっとも重要なのはお客様個人の信用です。手続きの遅れは金融機関に不信感をえますので誠実な対応を心がけましょう。

※ご用意していただく書類
1.ローン借入申込書
2.個人情報に関する同意書
3.団体信用生命保険申込書兼告知書
4.運転免許証又は住基カードのコピー
5.健康保険証のコピー
6.住民票
7.印鑑証明書
8.源泉徴収表
9.課税証明書
※個人事業主様の場合は8、9の代わりに【納税証明書(その1、その2)(3年分)】と【確定申告書(3年分)】をご用意下さい。
4、物件を見る
9、金銭消費賃貸契約 住宅ローン内定後、金融機関の窓口へ行き金銭消費貸借契約を交わしていただきます。簡単にご説明させていただくと金融機関とお客様とでお金を貸します、借りますといったご契約になります。この時に、最終的な借り入れ金額や金利などを決めていただきます。
10、お引渡し 所有権移転登記申請を行う
司法書士に必要書類を渡し、代行を依頼します。売主様に残金を支払い、関係書類と家の鍵をお渡しさせていただきます。

ページトップへ