ホーム  >  売却のながれ

売却までの流れ

1、売却相談と査定依頼
お客様のご希望やご売却のご事情等をお伺いして、ご売却される場合の条件、時期等を整理します。
弊社では無料査定サービスを行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
2、売り出し価格の決定
査定価格を参考に売り出し価格を決定していただきます。少しでも高く売りたいと思うのは当然ですが、あまりに査定価格と乖離しますとかえって売れるものも売れなくなってしまいます。納得いくまでご相談下さい。
3、媒介契約
正式にお客様に売却をご決断いただいた段階で、いよいよ実際の売却に向けてお手続きを進めます。まず、不動産会社と各種媒介契約を結んでいただきます。媒介契約の形態は、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3つがあり、それぞれの特徴をご理解いただいた上で、お客様にお選びいただきます。

●媒介契約の種類 3つのパターンがあります。

【専属専任媒介】
特定の1業者に売却を依頼するものです。業者は1週間に1回、売却活動の状況を報告する義務があります。また、依頼主は自分で買い主を見つけることはできません。

【専任媒介】
特定の1業者に売却を依頼するものです。業者は2週間に1回、売却活動の状況を報告する義務があります。

【一般媒介】
複数の業者に対して、同時に売却を依頼するものです。売り出し価格はすべて統一しなければなりません。業者に報告義務はなく、依頼主も自分で買い主を見つけることができます。
4、販売活動
「媒介契約」を締結していただきますと、弊社はご売却の条件にあった購入希望者を探します。
弊社の購入希望客へのご紹介をはじめ、不動産流通機構(レインズ)への登録、住宅情報誌への掲載、ホームページへの掲載等の広告活動により、あなたの物件を市場に公開し、購入希望者を見つける努力をします。
5、購入希望者のご案内
購入希望者が見つかり次第、ご都合に合わせてお住まいを見ていただきます。
6、不動産売買契約
購入希望者と契約条件について合意されましたら、不動産売買契約を締結します。
その際、不動産売買契約に定めた手付金を買い主様から受領します。
7、お引越し準備
引渡し日までに、借入金の返済・抵当権抹消の手続き、各種書類の準備、引越しなどを行います。
借入金の返済は、買い主様の残代金を充当して残金日に行なうケースもあります。その場合、抵当権抹消の手続きは、残金日に所有権移転登記と同時に司法書士に依頼します。詳しくは担当者にご確認下さい。
8、残代金の受領と物件のお引渡し
残代金を受け取り、固定資産税等の精算を行ないます。同時に所有権移転登記の申請をします。一般的には、登記申請は司法書士に依頼します。物件のお引渡しは、当事者立会いのもとで現地で引渡しの確認を行い、買い主様に鍵をお渡しして、完了となります。

>>お問い合わせ

▲ページトップへ

ページトップへ